私の顔にニキビができ始めた頃

私がニキビに悩まされるようになったのは中学生に上がってからでした。
小学生までは肌荒れに悩まされ事がなかったので親に相談したことを
今でも鮮明に覚えています。

当時は薬局で洗顔料を買うなどの発想がなかったので、母親が使用してした
洗顔石鹸を使用していたものです。その頃はニキビに悩まされている友達も
いたので思春期だということもありそこまで肌荒れに対して敏感には
なっていませんでした。

ただ、もしかしたら自分が一番肌が荒れているのではないかな?というので
気にはなっていましたが・・・
そして高校生になった時には肌荒れはさらに酷くなるようになっていました。

多種多様の洗顔料・化粧水を探索し始める

この頃は自分で洗顔料を選んで買っていましたが、
どれが一番効くのか分からずに色々な種類の洗顔料を使用していました。
ある日、肌荒れとは無縁とも言える友人から何気なく肌荒れを指摘されました。

肌が荒れているのは私だけではないのに直接的に言われたことが
とてもショックでした。そして、藁にもすがる思いで購入したのが
当初、美容業界で話題を呼んでいたプロアクティブという洗顔料でした。

その頃のプロアクティブは販売されたばかりで、外人向けに作られていて
日本人の肌には合わない。という口コミを多数見かけました。

それでも、奇跡を信じて使用してみることに

結果はというと、肌全体が赤くなり・カサカサになってしまうという
酷いものでした。即返品しようとした際に、赤みを乗り越えたら
綺麗になりますと言ってきたオペレーターのお姉さんのことを今でも覚えています。

毎日悩んでいる私を見ていた母親は私を皮膚科へと連れて行ってくれました。
もちろん皮膚科受診したい気持ちはありましたが、当時の私は親にそこまでの
相談が出来ませんでした。

これでニキビともお別れ出来ると期待していました

皮膚科で受けた治療は、ニキビを潰す器具で一つ一つニキビを潰していく処置でした。
処置が終わった後の私の顔はとても人に見せられるようなものではありませんでした。

潰されたニキビの上から軟膏を顔全体に塗られ、テカテカになった状態でした。
会計が終わるまでの間ずっと顔を伏せていました。
後は自宅で塗る為の軟膏と、私の肌はアルカリ性だと言われ強酸性水と書かれた
容器を処方されました。

ちなみにこの軟膏日中も塗りなさいと指示があった為、私は毎朝学校に登校する前に
気付かれない程度に薄く塗るようにしていました。
ですが、昼を過ぎる頃には自分の顔のべたつきが尋常ではないことに気付き
午前中には拭き取るようにしていました。

30代になった現在

今でも思春期の頃ほどではないにしろ肌荒れには悩まされています。
色々なスキンケア、皮膚科にだって行きました。結論として思ったことは、
魔法のように肌が綺麗になることはないということです。

今では、サプリメントと睡眠時間、白湯などを飲むようにして
自分の肌と向き合い上手に付き合っています。
美肌への一番の近道は自分の肌の個性を知ることではないかと感じでいます。

スポンサーリンク