どうも、ともなおです。
しわ・たるみで悩んでいる男性の方に向けた内容を説明をしていきたいと思います。最近老けてしわやたるみで悩んでいる方は多いと思いますし、なぜしわやたるみができるのか?分からない方も多いということで記事を書いていこうと思います。

「最近、老けてしわが増えてきたね。」などと、家族など身近な人からのきつい一言にショックを受けて自分が老けた現実を認めなければならない状況も考えられます。ですので、若いうちからしわやたるみの対策をあなたに実践していただきたいと思います。

しわ・たるみの種類を知り適切なケアを行なう

加齢や乾燥、紫外線など、しわやたるみの原因はさまざまです。とはいえども、乾燥が原因のものは比較的症状が軽いため、本格的に対策が必要になるのは、加齢による肌老化や、紫外線による光老化が原因のものです。これらの症状は、一般的に40代から顕著に現れはじめます。

老化とは、主に加齢・紫外線が影響で、真皮のコラーゲンやエラスチンが劣化することにより起こりことが原因となります。肌が水分やハリを失って硬くなると、表皮が重力に逆らえなくなってたるむのです。また,折りたたまれた肌が慢性化してもとにもどらなくなり,深いしわとなって残ることもあります。

しわの種類と対策

  原因・特徴 対策とは

小じわ

目元など見られる細かいしわは「小じわ」と呼ばれるものであり、 目もとを集中的に保湿する。乾燥肌の人は、冬は乳液ではなく、クリームがおすすめ。

表情じわ

 

表情しわは、額や目じり、眉間口もとなどにできるしわで、表情筋の動きが盛んな場所のコラーゲンが、加齢によって劣化するために起こる。  額の表情じわは、目を開けるときにしわが寄るのが原因。額を動かさずに目を開ける練習を。

真皮のしわ

 

加齢や紫外線は、真皮のコラーゲンを劣化·減少させてしまう。すると、表情じわや小じわが深く刻まれ、真皮のしわに。デイリーケアで治すのは至難の業なので、予防をしっ かりと行なうことが大切。  30代にさしかかったら、コラゲンの生成を促進するレチノールや、ビタミンC誘導体が配合された化粧品を使用する。日焼けは肌老化の原因になるので、UVケアも徹底して。しわができてしまったら、皮膚科で専門的な治療を。

ターンオーバーの促進と化粧品選びがカギになる

しわやたるみを予防するためには、肌老化の原因と効果的なケアを知って、早めにエイジングケアを行なうことが大切でになります。肌のしわやたるみは、真皮のコラーゲンが劣化·減少することで起こる原因となります。つまり、これらを食い止めな老化は容易に予防することができるのです。

ピーリングを行なうと、ターンオーバーが促進され、肌の代謝を高めてコラーゲン量を増やすことができます。1〜2週間に1回行なうだけでも,十分効果は期待できます。また, レチノール配合の化粧品や、コラーゲン合成に不可欠なビタミンC誘導体配合の化粧品も,エイジングケアにピッタリです。

たるみの種類と対策

 

原因・特徴

対策

涙腺

(目の下のたるみ)

下まぶたの皮膚がプクっとふくらんだようにな叭涙袋をつくる。原因は、コラーゲンの減少と、目のまわりの筋肉が衰えて、たるむこと。涙袋は目の下に影を落とすため、暗く、沈んだような表情に見えがち。   

法令線

 

法令線は、小鼻から口の両端に向かって伸びる線のことでほおの皮膚がたるむことによってできる。初期症状として、小鼻の横にたるみ毛穴がでぎそれが徐々に進行して法令線になることもありえます。  

二重アゴ

 

二重あごは、太っているときはもちろん、ほおからあごにかけての皮膚が、重力によってたるむことでも起こりえる。予防が大切で、加齢によってできてしまったたるみを改善するのは、時間と根気が必要になります。  

まとめ

・しわやたるみは主に40代に顕著に現れてくる

・深いシワとなって跡になることもある

・肌のしわやたるみは、真皮のコラーゲンが劣化·減少することで起こる原因となる

普段のスキンケアなどを怠ってしまい、しわやたるみの原因となってしまう前に予め普段から気をつけることが大事になってきます。
ですので、まだ若いからきにする必要が無いとは思わずに、事前に対策をするように意識するようにしましょう。
最後まで、読んでいただきましてありがとうございました。

ともなお

 

男性 化粧水