大学時代に悩んだ脂性肌の体験談

脂性肌に悩む男性は少なくないと思います。特に、10代~20代の若い時期は
皮脂の分泌も盛んで、拭っても拭っても湧いて出てくる顔の脂やテカリに苦労するでしょう。
私もそんな一人でした。

10代後半~20代の初め、大学生の頃、私は肌のトラブルに直面しました。
私の場合、顔のテカリに加えて、頻繁にできるニキビや吹き出物が大きな悩みでした。
大学生と言えば、それ以前に比べて、異性と接する機会も増えファッションや髪型など
身なりが気になる時期です。

そんな時期に、顔の油とニキビに悩まされた私は、
背格好はともかく自分の肌の汚さに自信を無くしてしまいました。
若くてハリのある肌なのに、テカテカの額と鼻。

赤や黒のニキビがたくさんあり鏡を見るたびに
落ち込んだことを今でも覚えています。

当時の私のスキンケアとは

スキンケアの正しい知識など持ち合わせていなかったため
顔の脂を取るフェイシャルペーパーを日に何度も使い、また、吹き出物に効く塗り薬を使って
次々にできるニキビといたちごっこを送る日々でした。

ですが、脂性肌は一向に改善せず、ニキビも減る気配がありません。
そこでようやく、自分のスキンケアのやり方が誤りであったのでは、と疑念が芽生え、
ネットで情報を得ながら、正しいスキンケアの方法を学びました。

私が大学時代に実際に試した方法

洗顔の回数を減らしました

一日に何度も顔の脂を取るために洗顔をすることは、
かえって皮脂の分泌を促すことになります。そのため、洗顔は朝と夜の2回まで。
洗顔料はなるべく天然由来の肌に優しいものを選ぶようにしました。

そして、洗顔で失った潤いと適度な油分を補充するべく
男性用の化粧水と乳液で保湿ケアを行うようにしました。

食事内容を見直しました

肌の美しさは普段の食事と深い関係があります。脂身の多い肉や糖質が多く含まれる
ご飯や麺類、中性脂肪の塊の揚げ物、甘いお菓子などは、皮脂を分泌させやすい食べ物です。
振り返れば、親元を離れ、スーパーの総菜や居酒屋、ラーメン店などで食いつないでいた
当時私の食事は、油脂や糖質の過剰なものでした。

そこで、日々の食事内容を見直し、外食の回数を減らすと共に、
なるべく自炊して、野菜を多く摂り入れるようにしました。
野菜には、肌に効果的なビタミン類が豊富なためです。

生活リズムの改善

一人暮らしの自由を謳歌していた私は、夜遅くまで友達と遊び周り、
自宅に帰って明け方から昼過ぎまで眠り、午後から講義に出席する、
という生活を繰り返していました。

そんな生活サイクルを見直し、夜にきちんと寝て、朝に起きるという
一見当たり前な暮らしを送るようにしました。
良質な睡眠を確保し、肌に優しい生活を心掛けたのです。

生活改善した結果どうなったのか?

なんと、私の脂性肌は劇的に改善されたのです。
毎日数時間おきにフェイシャルペーパーで拭き取らないと
べたべたテカテカになっていた顔面の脂は、人並みに落ち着きました。
また、朝(と言っても昼過ぎですが)起きるたびにできていた
ニキビや吹き出物がほとんど見られなくなったのです。

私は、自分の脂性肌とニキビのせいで容姿についての自信を無くしてしまっていました。
しかし、生活習慣の改善とちょっとしたスキンケアを心掛けるだけで
驚くほど肌が蘇ることができました。
自信を取り戻すと同時により積極的で明るい性格になれたように思います。

以上が、私の脂性肌と肌トラブルにまつわる体験談

脂性肌は原因を知り、正しく対処することである程度の改善が見込めます。

遺伝だから、体質だから、と諦めずに、正しい知識と対処法を知り、
根気強く肌トラブルと向き合うことが大切です。

私の体験談が、少しでも、脂性肌に悩む男性読者の助けになればと思います。

スポンサーリンク