ニキビに悩まされてきた青春時代

私はニキビ体質で思春期ごろからよくできては様々なニキビケア商品を試してきました。
ニキビ専用の洗顔フォームや化粧水、ピーリングなど。どれも新しく使ったばかりの頃は
なんとなくよくなった気がするのですが、

それでも時が経てば同じ商品を使い続けているのに、
またニキビができて・・・を繰り返していました。そんな思春期から10年以上の時を
ニキビたちと共に過ごして来た自分もついに結婚を迎えることになりました。

いくら男性で花嫁より注目されないといえど、挙式での主人公の一人です。
できる限りかっこよく見られたいじゃないですか。そこで以前から噂には
聞いていたものの、怖くて手を出せなかった塩洗顔にチャレンジしてみることにしました。

塩洗顔は『マンマ・ミーア!』の中でメリル・ストリープの娘役を演じた
ハリウッド女優「アマンダ・サイフリッド」も実践している美肌方法で、
効果はニキビケアだけではないようです。

塩を使用しての美容に関して

ちなみにこのアマンダ・サイフリッドは世界3位の美肌の持ち主だそうです。
塩洗顔にはきめ細かい塩が良いということでしたが、どんな塩がきめ細かいかわからず、
王道の「はかたの塩」で挑戦。

開封したばかりの「はかたの塩」は粒子が細かく、要件は満たしてそうなため、
風呂桶に大さじ一杯の塩を入れてお風呂に向かいます。
お湯に塩を溶かして洗う方法や濡れた肌に直接乗せて塩パックをする方法、

塩でガシガシ顔を洗う方法などがあるそうですが、チキンな自分は
一度お湯に溶かした塩水ならぬ塩湯で洗顔してみることにしました。
洗い上がりはなんとなくさっぱりした感じはありますが、
他の洗顔フォームでも同じなので「こんなもんかな」と思いました。

タオルで拭くと少しサラサラしてるかも?という印象を受けました

それを一週間試した後、当時の彼女から「少し肌が白くなってきた?」と言われました。
まさかのニキビ改善ではなく、美白効果!それもそのはずなのですが、
ニキビは毛穴の皮脂や汚れが原因なのでそれが取り除くことができれば改善されます。

つまり毛穴に詰まっていた汚れや皮脂が取れたということで、
目に見えてニキビの根本的な原因が改善されていったのです。
「効果がでてきたかも」と思った私は躊躇していた塩で直接顔を洗う方法を試してみました。

最初に洗ったときは「さすがに少し痛いな」と思いましたが、
洗い上がりから肌のサラサラ感が歴然。油っぽさで悩んでいた肌が逆に乾燥肌で
悩みそうなぐらいの油の取れ方でした。

塩洗顔を実践して私自身が感じたこと

人によっては塩洗顔をやることで、ニキビが悪化したという方もいたり、
傷口があると塩がとても染みることになるので注意が必要ではありますが、
週に1回まずは塩を溶かしたお湯で洗顔など、低頻度から初めていくと
良いのではないでしょうか。

私はこのニキビケアで自信を持って、挙式をあげることができましたので
同じ悩みを持つ新婦さんや結婚予定の方、そうでない方にもぜひ実践してみては
いかがでしょうか

スポンサーリンク


メンズランキング