ニキビを潰してしまい後悔した10代の僕の体験

私は10代の頃にニキビが多かったため自分で潰してしまい、肌にクレーター状の跡が
残ってしまいました。特におでこや鼻などのニキビが潰れるとクレーターになってしまい
当然、見た目も悪くなりました。

20代を過ぎてからは皮脂の分泌が落ち着いたのかあまりニキビができなくなりましたが
それでも時々脂っこいものを食べた跡などに発生する場合はあります。
私は10代の頃に鼻など目立つ場所にできたものを潰してしまいクレーター状になりました。

ニキビ跡が残り20代になった僕の状況

20代を過ぎてから発生したものについてはなるべくいじらず自然に回復するのを
待つようにしました。吹き出ものがあると、つい指で押して潰したくなりますが
我慢が必要になります。

鼻やおでこなどにできたものを潰しますと、クレーター状の跡が残り非常に目立ちます。
私は光の当たり方にもよりますが、鼻に穴が空いたように見える場合があります。
かつてできものが多かった頃につい指で潰してしまったことを非常に後悔しています。

30代の僕のニキビ事情とは

30代を過ぎてからはあまり頻繁にできものが発生することはなくなりましたが
顔に1か所粉瘤ができてしまいました。粉瘤は若い頃にできものがあった場所に
発生しやすいとされています。

また30代を過ぎてからも吹き出ものが発生することはあります。
私の肌はもともと乾燥肌だったのですが、特に30代を過ぎてから肌が
よく乾燥するようになりました。肌の乾燥も吹き出ものの原因とされます。

30代を過ぎてから僕が行ったこと

私は30代を過ぎてから化粧水を使うようになりました。
お風呂上がりなどに肌が乾燥するので、毎日化粧水を塗るようにしています。
最近ではあまり吹き出ものが発生しないようになりました。

10代の頃から正しいスキンケアの方法を知っていればと思いますが、
今さら後悔しても仕方がありません。今では毎日のように化粧水を使用した
スキンケアを行なっています。

私は10代の頃に鼻の吹き出ものを潰したため、
クレーター状になってしまいました。最近では鼻に吹き出ものができることは
なくなりましたが、皮脂の分泌が多いため角栓が詰まることがあります。

30代でもスキンケアをしなければまた吹き出ものが発生するかもしれないので、
時々ベビーオイルを使用して鼻の角栓の除去を行なっています。
鼻やおでこなど目立つ場所に吹き出ものができると、見た目の印象に大きな影響を与えます。

クレーター跡ができて僕が思うこと

クレーターができてしまった部分については治しようがありませんが、
これから肌の状態を悪化させないようにすることはできます。
私は今後もスキンケアを継続したいと考えています。

スポンサーリンク