もともと、どちらかと言えば乾燥肌でした。その乾燥が年を重ねていく毎に、更に増していきました。
ちょうど、30代に入った頃だったと思います。乾燥肌用の化粧品を使っていたにも関わらず、肌はカサカサ、ファンデは粉ふき。
特に冬はひどいものでした。

「きっかけは夫の何気ない一言」

そんな私が徹底的に乾燥肌を改善しようと思ったきっかけはと言うと…。それは、夫からの言葉です。
「最近、化粧品まで節約してるの?」とある日、聞かれました。最初は意味がわかりませんでした。でも、よくよく聞いてみると、
あまりにも肌の乾燥がカサカサなので、そこまでして節約しなくてもと思ったらしいのです。実際に化粧品の節約は全くしていません。
私の肌の乾燥がひどくなっただけなのです。

まさか、夫にそんな風に思わせてしまっていたとは…。それがきっかけで、乾燥肌の改善に本気で取り組む事にしました。

「徹底的に保湿パックでスペシャルケア」

そんな私が始めたのは、徹底保湿パックです。夜はもちろんですが、朝でも時間があればパック。お風呂に入る時も時々パックをしました。
出来るだけパックをする事で、乾燥した肌に常に保湿成分を与えるようにしたのです。ちなみに使ったのは大容量入りのリーズナブルなパックや
手持ちの化粧水を使ったコットンパックです。こうする事で、ケチケチせずに使う事が出来ます。

そして、結果はと言うと見事に大成功。みるみるうちに肌は潤いを取り戻して、ツヤが出てきました。触った感じもしっとり。
まるで、自分の肌ではないようです。こんなに肌が変わるなら、もっと早くやってみれば良かったと思いました。
おまけに乾燥が影響していたのか、それまで肌のくすみも気になっていました。
しかし、それも保湿で解消。徹底保湿パックは、肌にたくさんのメリットをもたらしてくれました。

「肌の老化と気持ちの老化はつながっている」

乾燥肌が年々ひどくなっていくのと同時に、年齢も感じて諦めかけていました。そして、追い打ちをかけるような夫の言葉。
そのまま、同じケアを続けていたら、きっと肌に加えて気持ちまでも老化していったと思います。

保湿ケアをして、若返ったようなツヤ肌を手に入れる事ができて、気持ちも若返りました。見た目と気持ちはつながっている事を実感しています。
現在は、ケアを始めた直後ほど徹底したパックはしていません。でも、最低限でも週に3〜4回は行うようにしています。
その結果、肌は乾燥以外のトラブルも起きる事がなくなりました。夫の言葉はとても良いきっかけとなりました。

スポンサーリンク